トレンドまとめ

最新のトレンドなニュースをご紹介しています。

【環境】元「水質ワースト1」の大和川 水生動物増え水質改善明らかに

   

1: 靄々 ★ 2019/08/26(月) 07:11:38.13 ID:A2fWruUX9
元「水質ワーストワン」の大和川 水生動物増え水質改善明らかに

 かつて「水質ワーストワン」とたびたび冠された大和川。奈良大(奈良市山陵町)は、大和川水系の秋篠川と佐保川の計3カ所で水生動物調査を22年にわたって続け、水質が改善していると明らかにした。調査結果をパネルなどを使い、大学博物館で紹介している。9月6日まで。無料。【大川泰弘】

 調査では、学生が川に入って石や砂ごと採取して動物を探した。秋篠川中流部(奈良市秋篠町)と下流部(同市西大寺東町)、秋篠川が合流する佐保川の最下流部(大和川の合流点近くの大和郡山市額田部寺町)で定点観測。1997年から継続してきた。

 大和川の水質指標BOD(生物化学的酸素要求量)は、最悪だった1970年と比較して現在では10分の1近くに改善している。

 水生動物の水質汚濁への耐性は種によって異なるため、川で採取された生物の種類から水質を判定できる。「生物学的水質判定法」という。同大は、採取した水生動物をこの判定法により数値化。秋篠川中流部と下流部では水質改善が明らかになった。佐保川最下流部は変動が大きく、長期的な傾向が判読できなかった。

 清らかな水域に生息するガガンボ科の幼虫が2004年以降、3地点でも出現するようになった。水生植物が豊富な所にしかおらず、佐保川最下流でしか見られなかったテナガエビやスジエビ、ミナミヌマエビが秋篠川の2カ所でも見られるようになったという。

 土日・祝日は休館。8月25日は開館。問い合わせは同大(電話番号省略)。

奈良大が水生動物の調査を続けている大和川水系の秋篠川中流部=奈良市秋篠町で2019年8月8日、大川泰弘撮影
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000031-mai-env
8/25(日) 15:24配信 毎日新聞

引用元: ・【環境】元「水質ワースト1」の大和川 水生動物増え水質改善明らかに

続きを読む

A feed could not be found at http://kininarudiet.tk/feed/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

A feed could not be found at http://kininaruwadai.tk/?feed=rss2. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

 - 社会ニュース